口コミを頼りにする

青い瞳の女性

日本に限らず先進国では医療分野における執刀ミスや手術の失敗が原因で患者から訴訟を起こされて裁判の問題となる事が多々あります。そして今回、記事の題材となるのは半年前から、フェイスリフト手術により裁判問題を抱えている品川美容外科という病院です。そもそもフェイスリフト手術とは何なのかと言うと、顔のシワやたるみを改善する為の整形外科としての手術分野でもあります。そして、このフェイスリフト手術を担った品川美容外科は、男女40名の手術を担当し、その手術を受けた人々が顔の痛みなどの後遺症を理由に集団訴訟を起こしました。こうした事実を見ると、品川美容外科の医療ミスから起こったことであると全面的に見えてしまうかもしれません。 しかし、実際はそうした理由だけではないですし、この事件を受けて品川美容外科自体が改善する動き出ています。

美容外科などで起きた医療ミスというのは、利用する側の人々にとってネガティブなイメージを植え付けてしまう要素となります。ですから、一度事件が起きてしまうとそれはマイナスな要素として利用を遠ざけてしまうものとなるでしょう。しかし、それは裁判が起きたことだけを信じて現在の状況を無視しているという都合のいい解釈です。物事には裏と表があるように、こうしたマイナス面がある中でプラス面も多いということを理解しないといけません。特に品川美容外科においては、全国でたくさんの利用者がおり、美容整形に満足している人もいるので、そうした人達の声に耳を傾けることも重要です。